こんばんは!伊集院です。
私は本が大好き♡

本の題名やあらすじで、まんまとココロ奪われる、単純な人間です。
すぐ、一冊、二冊・・・とまとめて買ってしまいます。

そうこうしているうちに、本棚がいっぱいになります。

整理収納の知識を活かすべく、本棚のオーガナイズを試みますが、
本を整理することは、なかなかキビしーいっっ

どれも手放しがたい!!! (>_<)

そこで、場所を取らない電子辞書にシフトチェンジすることに!
Kindleを購入しました。

そして、本好きの先輩方に、質問しました。

「あなたは、電子派?紙派?」

結果、私の周りでは、「紙派」が多かったです。

そして、自分を振り返ると、
う~ん、やっぱり・・・

実は、私も、「紙派」だと気づきました。
所有している感があるからだと思います。

電子も、とても便利です。
置き場所もさる事ながら、電車の中でもさっと読めますし、
その場で購入もできる。
そして、何より!紙版より、安いことが多いです。
これは、本当に助かります。

そこで、使い分けをしています。

私の場合、本に付箋を貼ったり、書き込みしたりするジャンルのものは紙で、
小説やエッセイなどのジャンル、流行りのものは電子版、
といった感じです。

本の整理収納について。

本棚の本が乱雑になっていたり、ホコリまみれになっていたり、
奥の、更に奥の方に突っ込んだままになったり・・・

今日は頑張ろう!と本を見直そうとしますが、
どうしても、手が止まっちゃう。

それは、本を一冊一冊手に取り、
「本当に、もう、読まないかしら?」「まだ読んでないからもったいないわ~」
「今は読まないけど、必要な時がくるかもしれないし~」
「思い出の本なのよね~」

と中身を覗いてしまうからなんですね~!

風水的には、本や紙を溜め込むと、
新しい情報が入りにくくなる、と言われています。

また、本棚に入りきらなくて、
床に本や雑誌を積んでおく、と気の流れが遮られます。

本棚を見直して、仕事運をアップしましょ~♪

紙は、ホコリやダニがたまりやすい。

古い本を出してみると、紙の色が茶色に変色して、
古い本の匂いがしたり、紙ダニの姿を見たり!
ということはありませんか?
本棚は、定期的に空気を入れてあげないと大変なことになります。

まず、本を全て、外に出してしまいます。

次に、ジャンル別に分けていきます。
→ 例えば、誰(所有者)の本か? 
      資格の本、仕事の本、趣味の本、小説やエッセイ等。

そして、本を手にしてみて、
ポジティブな気持ちになるもの
ネガティブな気持ちがするもの
(言葉にできないけど、気持ちがワサワサするということも含まれます)
と分けて、ポジティブなものだけを本棚に戻します。
その時、本棚もきっちり掃除してあげてね!
本は立てて収納が基本です。

本は、サイズを揃えて、
上段には、軽いモノ
中段には、今、よく手にしているものや読んでいるもの
下段には、重いモノ
を置きましょう。

ごちゃ本棚m
「積読」にも、さよならを~(o・・o)/~

読もうと思って買っておいた本たち・・・
本棚に溢れていませんか?

そういう私も、溢れがちなタイプ・・・(;_;)

1年前に買ったのに、まだ読んでいない本は
この先もきっと読まない可能性大!

その本の著者だって、自分の本は読んで欲しい。
「積読」なんて望んでいないはず。

そういう本は、早めに、読んでもらえる誰かに譲ってしまいましょう♪

意識して見直していかないと、モノはどんどん増えてしまいます。
1か月に一度は、点検すると良いかもしれませんね!

 

【積読】
積読とは本を買うだけ買って読まずに積んだままにしておくことで、
「積んでおく」と「読書」をかけた駄洒落的な合成語である。
 読書が家庭における娯楽の中心であった明治時代に普及したこの言葉、
読書離れが原因なのか現代ではあまり耳にしなくなったが、
学生がヤル気満々で大量に購入した問題集を机の上や本棚に置いたままにしたり、
ブログやテキスト系WEBサイトを「いつか読もう」とお気に入り登録し、
そんなブックマークでお気に入りがいっぱいになった状態など現代でも積読は存在する。

日本語俗語辞書より
http://zokugo-dict.com/18tu/tundoku.htm